自分でできる対策

病院にいかないと症状は改善しないのではないか?と言うイメージが有ると思います。
何となく病院に行く事自体、躊躇してしまいますよね。
自分でも完全ではありませんが、症状の改善に効果のある対策が期待できます。
まずは、自分の対策でダメなら病院に行ってみると言うのはいかがでしょうか?




原因にストレスがあります

このストレスを解消させる対策で症状の改善に繋がるとされています。
まずは、自分なりのストレス解消法の対策を見つけてみてはいかがでしょう。
お風呂でゆっくりするのも良いですし、映画を観たり、アロママッサージをも良いですね。
ストレス解消をすると、身体や心が緊張状態から解放され、症状も改善に向かってきます。


食生活の改善対策

私達は、毎日食事を摂ります。
その食事から栄養を摂って身体が作られていくのです。
ですから、食事の内容によって心身に良い影響も悪い影響も与えてしまうのです。
症状の改善に繋がる食生活の改善としては、汗腺を刺激する食べ物を摂取しない事です。
ここでは、糖分、脂分、香辛料等の刺激物が主に挙げられます。
こうした刺激物の摂取を控えて、ビタミン類等を多く摂取する事をオススメしたいです。
こうする事で汗を抑制するだけでなく、臭いも弱まってくるようになります。
これらを気長に続けていく事で徐々に症状を改善させていく事ができるのです。


摂取した方が良い食事

オススメは「豆類」になります。
豆類には女性ホルモンの分泌作用、発汗抑制作用、臭いを抑える作用があります。
臭いを抑えると言う事は、身体から出る汗もサラサラしているという事になります。
※ベタベタ汗は、臭いの元となる原因になります。
良く聞く事ですが、豆類にはイソフラボンが含まれています。
食材として、大豆や豆腐、納豆が挙げられます。
多くの人が豆類を好きだと思います。
納豆なんかは毎日食べていると言う人もいます、食べやすい食材ではないかと思います。


症状の改善の対策だけに豆類は効果があるわけではない

豆類は、健康促進効果も期待できて、とても優秀な食材である事が分かります。
豆類は、料理にも使いやすいですので、1日1回で良いので豆類を食べていきたいですね。
控えた方が良い食事、摂取した方が良い食事で症状改善の対策の効果が現れます。
症状改善の為、健康促進対策の為に豆類を摂取してみてはいかがでしょうか。
いつまでもイキイキと生活する事が可能になります。


脇を常に清潔に保つ

汗を絶えず拭いたり洗ったり、清潔にしておくことで臭いを軽減することができます。
お風呂にしっかり入り外出先では、できれば頻繁に脇を拭くのが効果的です。
お風呂に入るときは、お湯を張ってつかるのがオススメです。
汗をかいて全身の汚れを落としましょう。



スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |