わきがの原因はアポクリン

ワキガは、自分で気づかないことが多い。
原因がわからなくても、周りの人は気になっている場合が多いのです。
ワキガは、病気ではありません。
病気ではないから、絶対に原因を直さないといけないわけではありません。
しかし、一度気になりだすと、何とか原因を取り除きたい。

わきが対策はいろいろと考えられますが!
まずは原因を知ることから始めなければなりません。
インターネットなどで調べてみると、原因と対策がでてきます。
原因として、アポクリン汗腺から出る、汗のニオイが強い。
一番簡単な対策は、常にアポクリン汗腺から出る汗を拭いておく。

化粧品を使って、汗が出ないようにすることもいいですね。
ただ、全く汗をかかない状態を作るのは難しいでしょう。
汗をかくことを前提として、対策を考える方が現実的です。

汗はアポクリン汗腺だけではなく、エクリン汗腺からも出ます。
エクリン汗腺からの汗は、ワキガの原因にはなりません。
運動をしたときに出る汗で、体温調節の役割を担っています。
臭いの元になる原因の成分は、ほとんど含まれていない。
つまり、注意しなければいけない汗は、アポクリン汗腺となる。

わきがの基本的な原因として、汗の成分は体内にあるのです。
食事を口にするとき、脂っこい体質にならないように気をつけましょう。
こうすることで、体臭に悩むことも少なくなるでしょう。
じつは、日本人は世界の中でワキガの割合はかなり少ないです。
きっと人種によっては、体内の作りが違うのでしょう。
住んでいる気候によって、体質や原因が変わる。
つまり、アポクリン汗腺のニオイの強さも変わるのです。
自分のアポクリン汗腺のニオイどうなのか?一番気になるところです。
だからといって、他人に直接聞くのも嫌でしょう。
こうなると、原因の解決には、なかなか難しいところですね。



わきが対策のポイントはアポクリン

対策のポイントや原因を説明しましょう。
原因を知っておくことで、対策の意味を知ることができます。
皮膚にあるアポクリン腺と呼ばれる汗腺から出る体液が直接の原因です。
つまり、アポクリン腺をなんとかする対策をする必要があります。
汗をかきやすい人と、ほとんど汗をかかない人がいる。
アポクリン腺の数は、人によって違いがあります。
これがワキガのある人とない人の差となるのです。

アポクリン腺が多ければ、ワキガと判断していいでしょう。
アポクリン腺が多いとわかっても、その対策をどうするか?
よく原因を考えて、対策を実行しなければなりません。
体を清潔にしておくことで、ニオイを抑えることができます。
アポクリン腺の汗をかきにくい状況を作ることもできるでしょう。

対策として対処療法をするのか?抜本的にするかがポイントですね。
抜本的とは、アポクリン腺を手術によってふさいでしまうことです。
アポクリン腺の数を減らしても、エクリン腺と呼ばれる汗腺があります。
アポクリン腺を取り除いても、健康上での問題はありません。
美容クリニックで行われる手術は、アポクリン腺の数を減らすこと。
わきが手術はしたくないのであれば、対処療法となります。

基本的な対処療法とは、汗をかいたらこまめに拭くこと。
もしくは、制汗スプレーを使ってアポクリン腺の汗を抑えること。
アポクリン腺の汗をかかなければ、問題となることはないでしょう。

会社や学校でワキガを原因に、いじめに近い状況の人もいます。
これはまた別次元のアポクリン腺の問題ととらえることが大切です。

スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »